Date

花工房ニュースあれこれ

WordPress ME 2.2 – Capriccioso
Breast Cancer Ribbon

Archive for 2月 6th, 2021

8日「卓球サロン」は 犬養木堂記念館まで

posted by:

8日は 犬養木堂記念館まで 13000歩です。
11時集合で 目的地近辺で お弁当を食べます。(小椋さんが おにぎりを作ってくださいますので 飲み物は 各自持参ください)
コロナの対策は 各自 お願いします。マスクをして 出来るだけ 1列で 歩きましょう。

犬養毅を顕彰する犬養木堂記念館 木堂とは

  •  明治23年 (1890) 第一回衆議院議員選挙で岡山から出馬して当選、以後連続19回当選し、 政府に対抗する旗手として活躍。 大正初めごろの憲政擁護運動では、 先頭に立って活躍し 「憲政の神様」 と称される。また、 多くの国民の政治参加が必要との考えから、 納税要件を撤廃しようと普通選挙法の実現に力を注いだ。明治中ごろから、中国の孫文やベトナムのファン・ボイ・チャウなどアジアの人々と交流を持ち、 人脈を使って彼らを支援した。
     昭和6年 (1931) 12月、 内閣総理大臣となり、 犬養内閣を組閣。満州事変で悪化した中国との関係改善をしようと試みるが、 翌年5月15日、 首相官邸で海軍青年将校らの銃弾を受け、 夜半に死去した。その時の言葉とされる 「話せばわかる」 は、 議すること、 直接話すことを重視する木堂の姿勢を現すものとして今も伝えられている
     また、 書にすぐれ、 「木堂」 「木翁」 「白林遯叟」 などの号で揮毫された多くの書が残っている
  • ちなみに 入館料 無料